積み木

新しいタイプの住宅に注目|賃貸併用住宅を建てるメリット

自宅と賃貸住宅を一緒に

住宅

家を購入すると住宅ローンが発生してしまいます。毎月返済するのは容易なことではありません。しかし、賃貸併用住宅なら賃貸経営で得た収入をローン返済にあてることができます。そのため、これから家を建てる場合はこういった賃貸併用住宅を建てるといいでしょう。

関連サイトを見る

  • 賃貸併用住宅を建てようと思ったら読むサイト

    賃貸併用住宅でガッツリ稼いでみませんか。こちらで投資を成功するコツなどを紹介しているので見ておこう。

ユニークな賃貸経営法

部屋

自宅と一体化したアパート

最近、新しいタイプのマイホーム実現法として注目を集めているのが、賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅とは、個人の住宅と賃貸住宅という、2つの用途を同時に持った住まいのことです。具体的には、1階部分がオーナーの自宅で2階部分がアパートになっているとか、平屋建てで自宅とアパートが「背中合わせ」の状態で建っているなどのスタイルがあります。賃貸併用住宅が注目されている理由は、その経済性の高さです。一戸建てマイホームを実現しつつ、そこから収益を発生させることで、建築費の負担を軽減することができます。ローンの完済後は家賃収入をそのまま生活資金として、リタイヤ後に備えることもできます。また、建設時にあるポイントに着目することで、さらに高い経済的メリットを得ることも可能です。それは、自宅部分と賃貸住宅部分の比率です。一般に、マイホームを建設する際は住宅ローンを、アパートを建設する場合はアパートローンを利用して資金を調達します。金利は、総じて前者の方が低くなっています。賃貸併用住宅の場合、自宅部分が総面積の51%以上あれば、住宅ローンを利用することができます。つまり、アパートローンより低い利率でアパートを取得し、経営することができるわけです。さらに、立地も重要なポイントとなります。立地条件の良い場所ほど土地価格は高くなりますが、その代わりアパートの入居率も高くなる傾向にあります。アパートの経営効率を重視して建設地を選べば、オーナーもまたその立地の良さを堪能することができるようになります。

自宅と賃貸経営を同時に

住宅模型

賃貸併用住宅は、1つの建物の中に賃貸住宅とオーナーの自宅が併存している住宅です。マイホームをそのままアパート経営に利用することができるという、経済的にメリットの高い住宅建設方式です。金利面での優遇措置もあります。

家賃収入で安定した老後を

女の人

マイホームを計画しているのなら、賃貸併用住宅がいいです。家賃収入を住宅ローンにあてられるため、経済的負担を抑えることができます。また、節税にもなるので、まさに一石二鳥の方法といえるでしょう。