玩具の家

新しいタイプの住宅に注目|賃貸併用住宅を建てるメリット

自宅と賃貸住宅を一緒に

住宅

家賃収入で安定した生活

近年では住宅ローン負担の軽減や節税目的などで、自宅の一部を賃貸住宅にして活用する賃貸併用住宅に注目が集まっています。一般的な戸建てマイホームは、自分の給料から支出して住宅ローン返済をしていきますが、賃貸併用住宅であれば、賃貸部分からの家賃収入が得られます。その家賃収入をローン返済にあてれば月々の返済額を減らす事ができて、経済的な余裕が生まれるメリットがあります。また、住宅ローンを完済してしまえば後は、賃貸部分からの収入は好きに使える収入となり、老後の生活を安定させる事が出来ます。一般的な賃貸併用住宅は、1階部分を賃貸スペースにして2階部分を自分達が居住するスペースにする事が多いです。賃貸併用住宅を建築する上で重要なのは、入居希望者にとり魅力がある住宅にする事が求められます。賃貸部屋があっても入居者がいなくては家賃収入が得られませんので、建築するにあたり地域の賃貸需要のニーズや傾向などの情報を持っている建築施工会社を選ぶ事が大切です。賃貸併用住宅の建築には、主にハウスメーカーや工務店などが手がけていて、不動産投資や土地活用などを扱う不動産会社が、プランニングや物件管理を行うケースもあります。自分の住まいの確保と賃貸経営が一緒に出来る事から、将来の事を見据えて賃貸併用住宅で新築マイホームを建てる方が増えています。利用者は主にサラリーマンなどの会社員の方が多く、賃貸部分の管理は不動産会社か奥様に任せているケースが多いです。