玩具の家

新しいタイプの住宅に注目|賃貸併用住宅を建てるメリット

家賃収入で安定した老後を

女の人

節税効果などのメリットも

これから新築一戸建て住宅の建築を検討している方や、賃貸不動産に投資を考えている方は、自分も住みながら家賃収入が得られる賃貸併用住宅を建ててみませんか。マイホーム建築をする時は、ほとんどの方が金融機関などから融資を受けて住宅ローンを組む事になると思います。賃貸併用住宅では住宅ローン返済に家賃収入をあてて、経済的負担を軽く出来るのが賃貸併用住宅の最大の魅力です。また、定年退職後も家賃収入が継続的に得られるため、年金を補完する役割も果たし安定した老後生活が送れると人気になっています。賃貸併用住宅を建築するには、まず経験豊富な施工会社を探す事から始める必要があります。施工会社選びで一番大切なのは、建築する地域の賃貸ニーズに合った物件にする事で、そのためには建築技術が確かであり、賃貸併用住宅の実績が豊富である事が選択ポイントです。また、ベストな施工会社としては建築だけでなく提案や施工、完成後のアフターフォローまで一貫して行ってくれる会社が良いでしょう。近年では節税対策として賃貸併用住宅を建てる方も多く、所有する土地に何も建物が建っていない状態で子供さんなどに相続すると、多額の相続税などが子供さんに課税されます。しかし、住宅が建っていれば課税額は大きく減額されるので、自分の居住スペースを確保しつつ家賃収入も得られ、節税効果まであることから需要が増えています。このように、賃貸併用住宅にはメリットがあるので、明るい将来のためにも賃貸併用住宅でマーホーム計画をしてみるといいでしょう。